スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主に皇妃のせいじゃなかろうか

みんな大好きチキボーンの装いがリニューアルしたらしいね




ログをもとにいじくってやろうと思ったら事件発生

そう、夜通し放置してる間にSSDがクラッシュしたのだ・・・・・・

これだからMLCは・・・

という訳で今回はSSDの話
SSD,ソリッドステートソシエティドライブとは、従来磁気ディスクを使っていたHDDハードディスクドライブが速度の限界に達したところから開発された高速記録ドライブのことだ。
記録ドライブの通信プロトコルの一つである「SATA」規格は現在6Gbps(=900MB/s)までサポートされている。
現在のHDDでは「早くて」読み込み100MB/s
一方で「標準的な」SSDでは読み込み150MB/s
早いと230とか出るらしい。

CPUはコア数を増やすことで処理速度を増やし、メモリに至ってはムーアの法則によって一定時期ごとに容量が倍の製品ができている。
つまりPCのパーツの進化の道順は際限のない高速化へと向かっているのだ。

例えて言うなら原チャでツーリングしてた仲間の中で、一人を除いてバイクに乗り換えたようなもので、HDDの遅さは物理的なボトルネックとなった訳だ。
そこで、ちょっと前のメモリと同じ速度のフラッシュメモリに白羽の矢が立った。
が、新技術には問題点がつきものだ。

まず、容量単価がものすごく悪い。
SATAのHDDだとだいたい1GBあたり10円もしない。
1TBで7000円未満とか、そんなレベルだ。
一方でSSDは安くても150円/GBを割り込まない。

そして、大容量化が難しい
上に書いたように、現在HDDでは1TBが一般的なものとなっており、値段がこなれ普及もしている。
規格上の最大容量である2TBモデルも出ており、即急の新規格ないし拡張規格の制定が望まれている。
SSDでは、最近512GBが出回り始めた程度。

そんな問題点を解決するためにメーカーが撮った策は、2タイプの製造法があるSSDを2体プットもリリースすることだった。

速度に問題があり、平均故障時間が短い廉価版のMLC
容量が少ないが速度が神がかっているSLC

という訳で、安物のMLCを使ったせいで天のログが無いという話でした。


高くてもSLCを買うんだよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あー、アレね。

要約すると、安物買いの銭失いってことね。

そうなる
と言ってもインテル製のMLCならそこらのSLCと同等の性能だとか
インテルマジパネェ

今さらだけどw

タイトルって私じゃないよね?w

そこにしか食いつかないけどもwww

>>メルセデス便器

他にウン皇紀って名前の人いたっけ
プロフィール

かかりちょ

Author:かかりちょ
鳳凰鯖のch1にけっこういる人
BOXしてたら一代になってました

MSNメッセ:kakarItyo☆hotmaIL.co.jp(すべて半角小文字で☆を@に)
まぁ、天用のアドレスだし迷惑メールとかどうでもいいんだけどね

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。