スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田聖子って韓国の芸人かなにかだろ絶対

痛いニュース(ノ∀`):「ゼリーのみ規制…モチはいいのか?」→野田聖子氏「モチは喉に詰まるものというのが常識」…消費者庁構想に暗い影
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1182442.html

日本人をむこうでブラックな笑いの種にするために暗躍してるに違いないニダ
こんにゃく入りゼリーを食べた子供が窒息死した事件を受けて、自民党内で10日、ゼリーの形状などを規制する新法制定を検討する動きが出てきた。消費者庁設立のきっかけともなったゼリー被害の防止に焦点を絞った新法だが、窒息による死亡事故が多いモチの規制との兼ね合いなど課題は山積する。
新法制定の背景には、政府が消費者の安全をはかるため国会に提出した「消費者安全法案」でも根本的解決にはならないとされる事情があり、
ゼリー規制の議論は政府・与党肝いりの消費者庁構想にも影を落としそうだ。

「子供が見て、食べたら死ぬと分かるようにしないと。それぐらいはできるでしょ!」
こんにゃく入りゼリーの規制を議論した10日の自民党消費者問題調査会
(会長・岸田文雄前消費者行政担当相)は、河野太郎氏ら出席議員らが怒声を
発するなど、さながらゼリー糾弾の場となった。
ほかにも「外国並みに規制する法律をつくるべきだ」といった意見が続出し、
議員立法による新法の国会提出を目指す方針が確認された。

政権与党の議員がゼリー規制に熱くなるのには事情があった。
9月に兵庫県の1歳の男児がこんにゃく入りゼリーを食べ、のどに詰まらせて死亡
する事件があり、平成7年以降で17人目の犠牲者となったためだ。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-m20081011034/1.htm

国外では、EU(欧州連合)が独特の硬度を生み出すこんにゃく成分を添加物とし、
ゼリーへの使用を禁止しているのに対し、日本国内では食品衛生法の対象は
食中毒などに限られる。
このため、今回のような死亡事故を防止する取り組みが「生産者重視から消費者の
安全を重視する行政への転換の象徴」(中堅)と位置づけられている。

そのためか、この日の会合では厚生労働省側が「製造中止や回収させる法制度は
なく、強制力のない指導が限界」と説明しても、議員の怒号は消えなかった。

だが、新法でゼリーの形状などを規制するには「法の下の平等」という点で大きな
壁が立ちはだかる。
こんにゃく入りゼリーはだめで、モチは規制しなくてもいいのか-という問題だ。

実際、10日の調査会でも谷公一衆院議員が「モチは昔から死亡事故が多い」と
指摘した。一方、野田聖子消費者行政担当相は10日の会見で
「モチはのどに詰まるものだという常識を多くの人が共有している」と強調したが、
「ゼリーだけを規制し、モチやアメを規制しない合理的な根拠は見つかりにくい」
(厚労省)というのが実態だ。

厚労省の調査では、平成18年中に食品を原因とする窒息で救命救急センター
などに搬送された事例は、把握できた計803例のうち、モチの168例が最多で、
「カップ入りゼリー」は11例だった。

政府が今国会に提出した消費者安全法案には首相の権限で商品販売などを
最大6カ月禁止できる項目が盛り込まれた。
だが、法案審議は民主党の難色でめどは立っていない。
どの商品がどれだけ危険かという判断も容易でなく、ゼリー規制新法も、「なぜ
ゼリーだけかと野党に突っ込まれても答えようがない」(政府関係者)のが現状だ。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-m20081011034/1.htm



2006年1月1日からの1年間の結果
1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)
2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)
3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)
4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)
5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)
6位:だんご(23例、「こんにゃく入りゼリー」の11.5倍危険)
7位:おかゆ(22例、「こんにゃく入りゼリー」の11倍危険)
8位:流動食(21例、「こんにゃく入りゼリー」の10.5倍危険)
9位:カップ入りゼリー(11例、「こんにゃく入りゼリー」の5.5倍危険)
10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例、「こんにゃく入りゼリー」の2倍危険)

但し上の結果は毎年約4000人以上いる食物窒息死の内約800件であり
本当ならば単純計算5倍と思ってもらってもいいと思う
ちなみにこの間、蒟蒻ゼリーの事故数は2件(内、マンナンライフは0件)

蒟蒻畑は月産約7000万カップなので年間8億4千万カップ
13年で蒟蒻畑での死亡者は3人

餅の年間消費量は蒟蒻畑の16倍程度だが、
餅の死亡率は少なく見積もっても666倍以上。

餅年間消費量は1.8キロ程度(0.69×1.4+0.85=1.816 )。
http://www.komenet.jp/_member/mochigome/h20/2-6-01.html蒟蒻畑年間消費量は0.11キロ程度。
#7千万×0.025キロ×12ヶ月÷1億2776万人=0.164キロ、三割廃棄と仮定。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20081009/CK2008100902000133.html

蒟蒻畑での死亡事故報告はたった3件
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081008k0000m040170000c.html
1996年1月の1カ月間に餅で死亡した人は208人
http://www.osoushiki-plaza.com/institut/dw/199906.html

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この国は常識になっている危険性は放置する方向でいくようです

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

消費者庁の功績

毒餃子の犯人特定できず
毒米の食用転売禁止。販売は継続
こんにゃくゼリーの販売禁止
餅が喉に詰まるのは常識。対策はせず←new

車で事故起こすのは常識なんだから車に関する法律廃止しろ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かかりちょ

Author:かかりちょ
鳳凰鯖のch1にけっこういる人
BOXしてたら一代になってました

MSNメッセ:kakarItyo☆hotmaIL.co.jp(すべて半角小文字で☆を@に)
まぁ、天用のアドレスだし迷惑メールとかどうでもいいんだけどね

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。